人見知りで寂しがりや

私がなぜ、ご縁繋ぎの一助になれるようなサービスを運営しているのかといいますと、それは自分自身が人見知りで寂しがりやだからです。

私はSNSが苦手です。

知人に誘われてSNSをはじめたけど、

『仕事ばかりの日々、友人は結婚して中々遊べない、友人がそもそも多くない…』
『とりあえずランチか?ランチの写真をUPすれば良いのか!?』

と、溢れる人見知りセンスが炸裂して何を投稿していいのか分からなくて困ってしまいました。

あと、私の経歴はパッとしません。前職は元国営の運送会社に勤務しておりまして配達や営業をしておりました。当時の私は、バカ真面目。
まれに見る経歴の【〜の20000人のなかで営業日本一になったことがあります!】なんて大きなことを1度でいいから言ってみたいものです。過去の栄光がない私は、一瞬でも天狗になることなく人生駆け抜けてきました。

SNSなどで出身校や職場名を堂々と公開している人は、一定以上の学歴や職歴を持っています。ビジネスや交友関係に自身の経歴を特に活用できない場合、SNSなどをを利用しても特に意味がないのではと後ろ向きな気持ちになってしまいました。

そうです、
結局は繋がりある人の楽しい近況の共有が「劣等感」を刺激するのです。

素直に書いてみると、残念な代表ですね。酷い 笑
そんな人見知りでSNSが苦手な私も考えました。

自分が欲しかった居場所

『このままでは駄目だ』

普通に生活していると、驚くほど出会いがないことに気づきます。
仕事の悩みを相談できたり、情報交換したりできる人が身近にいたらどんだけ励みになるだろうか。

何かコミュニティに入ろうか?交流会に参加しようか?
けれども自分は何か自慢できる魅力ある人間でもない。

……だったら作ろう!

同じ想いの方がきっといるはずだ。
インターネットが普及してFacebookや、LINEなどのツールで便利で快適な時代だけれども、

ビジネスパートナーも恋人も、気の合う仲間も趣味も、夢や目標も、
大切な【はじまり】はいつも【リアルでの機会や接点】だ。

リアルな場所で、その人の考え方や感性や雰囲気が良く分かり、どんな人でも安心して交流できる仕組みがあって、気軽にふらっと参加できる交流会。

これだ。

そこから人と人を結ぶ交流会を、企画・開催し、
おかげ様でたくさんの方から喜びの声を頂き、現在フューチャーパストという会を運営しております。

私も主催する直前に、様々な交流会に参加しましたが、一部、時間がもったいなかった会や、主催者に高額な情報商材を営業される交流会がありました。

せっかく皆様の貴重な時間をいただくのです。

樋口佳朗 プロフィール

主催者側は、会費と人を単純に集めるだけでなく、交流会に参加された一人一人が、本当に満足され喜んでいただける

良質な出会いと人脈に繋がる安心安全の交流会にする必要があると考え、フューチャーパストは、これからも努力し続けることを約束します。

代表 樋口佳朗